Home > 健康 > ぎっくり腰顛末記 その4  総合病院へ

    ぎっくり腰顛末記 その4  総合病院へ

    こんにちは!『雑貨のお店PULCINO』です


    再びの救急車内で チーフの救急隊員さんが


    またまた 病院に受け入れ確認しながら 


    私に「あの先生ね、○○整形外科のせんせい。やさしいでしょ?」




    あー!○○整形外科


    さっきの クレージーケンバンドは うちの近所の整形外科のせんせいだったんだー



    とおもわぬプチ情報をくださる






    そんなこんなでなんとか総合病院に到着。



    すでに家を出て1時間以上たっていました。



    そしてそこからがまた長かった。。。。





    ここで待っててください、とタイル張りのいかにも緊急手術室の前室


    といった感じのところでまたされる。




    夫と救急隊員は、その奥へ。


    開いたドアの向こうに


    手術室のような無機質で冷たい光景がちらりとのぞいて すぐに閉ざされる。



    寒々しい。



    ほどなくして救急隊員も帰られ。。(ほんとにありがとうございました)





    青いタイル張りの寒々としたせまい空間で 一人ぽつんとまたされる時間の



    長く感じること。。。





    まるで一人だけ異空間に取り残されてしまったような。。 



    しんとした 限りない静けさがまた 寒々しい。






    30分ほどして、皆が入っていった扉とは違うほうの扉がバンっと開く。



    え?そっち?





    意表をつかれた私が目にしたその扉のむこうは



    なによー すんごい普通の待合室じゃんー



    そこにそんなものが隠されていたんなら そっちで待たしてくれよー



    あー タイルの部屋の異空間っぷり 怖かったー!






    「こちらでお待ちくださいー」の声で


    ごくごく普通の暖かい部屋。 普通の待合室で再び待つ。








    その待合室で 看護師さんから入院の説明をきく間にも


    何度も看護師さんの携帯が鳴って、   


    すいません。。ほんと と席をはずす看護師さん。




    次から次に救急の患者さんの連絡が入っていたようです。


    ほんと 大変ですね、いいんです、いいんです


    緊急の方を 早く助けてあげてー!!






    あとできいた夫の話によれば、急患受け入れに関して


    できるかどうか心配する先生のそばで


    看護師さんが 「大丈夫ですよ できますっ」て励ます場面もあったとか


    自信のない症例があったのでしょうかね




    アキレス腱断裂やら事故やらいろいろあった模様。




    ちなみにその日の先生、葉加瀬太郎の髪型が伸びきちゃったような(忙しいんですね、きっとそうです)


    個性的なヘアスタイル。


    (私達の間で 以後「もじゃもじゃ」と呼ばれる。)







    。。。。。というわけで まあ、入院となったわけなんですが。。


    もし、同じようなことになった方の参考になれば とおもい



    かいときますね





    結局CTやその後の MRIでもとくに異常はみつからず 腰痛症ということだったようです





    総合病院では、まずうわさの座薬を処方されたようですが、



    まったくきかず。。



    座薬でだめなら、看護師さんいわく


    「劇薬というか 手術のあとの痛み止めのような


    強い薬の注射になりますから まず、座薬で少し様子を見てくださいねー


    1時間くらいできいてきますから。


    もうちょうどお昼の時間帯なので、忙しいので、お昼おわってから


    お話ききますねー」


    とのことで去って行かれた。


    しかして、座薬はぜんぜんきかず、そして看護師さんはこず。。。


    ときすでに2時。




    しゃーないので ナースステーションにコップを借りにいったついでに


    注射の希望を伝え。。




    そして注射。 さすがにこれは劇的にきいたようです。




    看護師さんいわく 『これでだめでも もう何もできないんです。


    6時間 少なくとも4,5時間はあけないと、らりっちゃうっていうか』




    およよ。。。 強い薬なんですね。。。


    よ よくわかりました。 さいわい効いてきてよかったです 汗




    そして夕飯の後の座薬。



    あ、ちなみにロキソニンも一日3回処方されていて



    そのうえの座薬です。



    そろそろ先ほどの劇薬が切れてきて痛くなってきた模様。




    座薬でもいたければ、先ほどの劇薬を今度は 点滴で入れるとのこと。




    結局 痛みはあったものの 痛み止めを使ってしまうと


    治りぐあいがわからないという本人の思いで


    点滴は使わず夜を越したようです。



    幸い 翌日にはトイレも歩いて行くことができ


    (自分でいけなければ おむつと看護師さんはおっしゃっておられた)


    今日退院してもいいんじゃないかという状態に。



    MRIをとって、何事もなければ退院ですね 早期退院希望なんですね?


    ということになり、3日目にMRIの検査をねじ込んでくださった。





    3日目にちゃちゃっと結果きいて 退院できるかと思いきや



    先生が手術で忙しかったようで結果をなかなか教えてもらえない。






    どうなっているのか、看護師さんにきいても


    先生 まだみてないと思いますよー きいておきます 


    とのことで、結局


    「先生がご本人に直接 お話されるとのことです。あしたかあさってか」



    あさって?


    とおもわずつっこんじゃいましたけど。





    結局 翌日4日目 朝の回診で結果を伝えられすぐに退院となりました。






    教訓としましては 



    治療のスケジュールなどはこちらからどんどん確認する。



    きかないと本当に何も教えてもらえないです。


    やはり見通しが立たないと気持ちも楽になりませんよね






    早く退院したい希望など 希望はしっかりと伝える。


    ということでしょうか。




    今回のことにあたり 他の方のブログを自分自身が


    見せて頂き、どうするか どうなるのかの参考にさせて頂き


    本当に助かったので


    この体験が ほかの方の参考になればと思い、書いてみました。





    どなたかのお役に立てば嬉しいです*^^*



    救急隊員の皆様 本当にありがとうございました!



    ・ - ・ - ・ - ・ ・ - ・ - ・ - ・



    百聞は一見にしかず


    リネン製品を 実際にごらんになりたい!という方 千葉までご足労願えたら~と思います 笑


    (事前にご連絡頂けましたら幸いです)


    ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・


    マノンシリーズのエプロンは ほかにもいろいろなお色目があります





    エプロン 色の比較はこちらから。





    エプロン 人気ランキングはこちらから。




    ・ - ・ - ・ - ・

    ランキングに参加しています

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ  

    応援ありがとうございます<(_ _)> 大変励みになります。


    - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・

    ハーブウォーター

    雑貨のお店PULCINO

    ぽちっとお願いします
    にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ    




    - ・ - ・ - ・ - ・ - ・ - ・

    Copyright (C) since 2000 JOINT.INC PULCINO  All Rights Reserved


    2015年02月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 健康
    コメント

    管理者だけに表示する

    プロフィール

    カテゴリー

    ツイッター